夫が禁煙に一発で成功したワケ

禁煙に効くツボの話 - 私がすぐ禁煙できた理由と方法

夫に拍手!娘誕生で即禁煙

「自分でも他人でもいいけれど、何かへの愛情が、禁煙には一番よく効く」。これが、私の持論だ。そして数年後の話に飛んでしまうが、他にもそう思わせてくれるエピソードがあるのだ。

私の夫はかつて私に輪をかけたヘビースモーカーであった。何しろ吸い始めた年齢が16歳と早い。実際彼の若い頃の写真を見るとどれもこれも口元にタバコ。右手の人差し指と中指の間が黄色く変色していたパターンのヤツである。

元ヤンで根が享楽的な彼の場合、他人に何か言われたくらいでは真面目に禁煙しようなどと思わない。相手が医師だろうが有名な先生だろうが、そう簡単に影響されない、まさにわが道を行くタイプである。

その夫がある日自主的にタバコをスパッとやめた。しかも禁煙トライは1発で成功。何年も前に私の禁煙で余ったニコレットをちょうど使いきった。思い立ってわずか2ヵ月後には、「未だにタバコを吸う奴の気がしれん」と豪語するほど煙との縁は切れ、実際彼がタバコに手をだす兆候は今のところまったく無い。

「何があったのか...?」、「娘が生まれた」。

ただそれだけである。誰も彼に、タバコをやめたら?などと不毛な提案をしたりしない。自主的に、静かにトライし、見事にやってのけたのである。夫は出産に立ち会った。その手に、生まれたての柔らかな体を抱いた瞬間、「汚してはいけない」と思ったのだという。

夫はその父親が、私の場合は両親ともが、喫煙者である。残念ながら私たちは2人とも副流煙を吸い込みながら育った。しかし幸せなことに、自分たちの子どもたちの代で、タバコの煙を断ち切ることが出来た。こんな時代でなかったら、禁煙しよう、などと思わなかったかもしれない。

何度失敗しても、みっともなくても、禁煙を考えている人はぜひトライして欲しいと思う。手段はいろいろある。禁煙グッズは日進月歩だし最近ではチャンピックスという優秀な禁煙補助薬もある。医者を見方につけてもいい。自分に合った方法を見つけたら、あとはよく効くツボを忘れずにひたすら禁煙に励もう。

禁煙のツボとは、自分自身や大切な人たちをきちんと愛せるココロだと思う。

運営者プロフィール

18~29歳まで喫煙。29歳のときにエキセントリックな禁煙推進派ドクターと出会い、1年間で20回以上の失敗を経て、2度目のニコレットの力を借りてやっと禁煙を達成する。ついでに酒癖も海老蔵さん並みであり、周囲に迷惑をかけるので断酒中。色んな意味でイタい、38歳2児の母である。

コンテンツメニュー

きっかけは洗脳?!禁煙への序章

ドツボにはまった…私の失敗20連発

ニコチン依存は精神疾患??

最後はコレでやめました!!